FC2ブログ

|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
TVは、小さいうちはあまり見せない方がいいとわかっていても、やっぱりTVに子守りをして貰うこともあるダメ母さんです(;^_^A
だって家事も片付けなきゃだし。。(と言い訳・・)
コパピも面白いくらい食いつきがいいです。
いないいないばぁのオープニングを見ると飛び跳ねて目をキラキラさせて喜びますキャー♪ o(>▽<*)(*>▽<)o キャー♪
一番好きなのはピタゴラスイッチの中の「ピタゴラ拳法」
河合我聞さんが出てきて音に合わせてキューブが動くやつです。
これは声を出して笑いますね。たまーにしかないのが残念ですが・・

それから最近、
「BSのおかあさんといっしょは地上波のやつとちょっと違うらしい。しかも体操のお兄さんがえっらいイマドキのイケメンらしい」
と耳にし、それは観ないわけにいかないでしょっ、朝10時からとお昼の12時15分からの2回やってるのをチェックし早速観てみたところホントにイケメンでびっくらしました(笑
ま、好みもあるでしょうが目がパッチリの生田斗真くんとか玉木宏さん系かな?
ゆうお兄さん見たさにこれからも観てしまいそう(笑
内容は地上波と同じような感じですが。
歌なんかは違います。
地上波のおかあさんといっしょの歌はやけに耳に残って気が付くとハナウタ歌ってたりしますね(笑
ちょっと前までは「ごめんください麺ください~♪」のやつが脳内リピしてましたw
最近はドラゴンのやつ。歌の意味がまったく不明なんですが(爆

あと「みいつけたっ!」も好きです(私が)。すいちゃんがかわいいし。
エンディングテーマ曲はトータス松本さんが歌っていたりクドカン作詞の歌もあるんですよ。
そしてイスのキャラクターのコッシーてのがいるんですが、この声は犬井ヒロシことサバンナの高橋くんがやってるらしいですよ!ほっほぉ~!
そしてもひとつ好きなのがオフロスキー
ピンクのガウン(着ぐるみ?)を着たおっさん(失礼)がバスタブから出てきて「呼んだ?呼んだよね?」と画面に向かってひとり話し掛けるコーナーなんですが、かなりシュールで大人が見ても面白い(笑
かなり好きです、私w
どっかの劇団の方っぽいんですが誰なんだろう?と検索しようとしてオフロスキーという名前が浮かばず、

「なんやったっけ?え~と、、、あの!ホラ!あ、そうそう!


バス タブ男!!

と、バスタブ男で検索したのはナイショの話(笑
どうりでヒットしないわけだわ(爆

ま、そんなどうでもいい話ですが、小さいお子さんがいない方には全く意味不明な話題で大変失礼を致しました<(_ _)>
機会があればご覧になってください、、。
スポンサーサイト
20090519154226

なんとか膨らみました(゜ー゜;Aアセアセ

が、バニラエッセンスを入れ忘れるという凡ミスorz
ドンマイ、私(笑

100均の10cmくらいの小さい型なので卵1個と薄力粉、砂糖、コーンスターチ、サラダ油、お水だけ。
バターも要らないので思い立った時にすぐ作れますね!
ふ~わふわんで味はバッチグーでした(o^-')b
レシピはこちら
ぐっと来たので一部抜粋。

人は、死ぬと、ようやくいっしょになれる。
どれだけ誰かのことを好きになって、どれだけいっしょにいたいと願っても、生きているうちは体が別々だから。
この世では人はいつだってひとりぼっちで、どこまでもひとりだから。
でも死ぬと、その人の記憶が体の中に入って、合体する。
何度だって思い出すことができるし、そのたんびに再生される。

だけども、ようやくいっしょになれたというのに、もうその人はここにはいない。
それはこの世の約束で、どうしようもないことなのは分かっているけれど。
生きている人は畑の野菜をひっこぬいて、料理して食べてうんこになって。
そういう、あっけからんとしたこの世のからくりが、暴れる音楽のように胸をひっかく。
空が青ければ青いほど、子供たちが笑って転がりまわればまわるほど、トンビが鳴いて向こうの海がのどかに光るほど。

誰しもがみな、ホワイトボードを頭の中に持っていて、つけたり、はったり、目覚まし時計をかけたりして生きている。
生きるってことは、新しいことや新しい人に出会うためで。
新しい仕事をするためには、終わった仕事を枠からはずすってことで。
マジックの字を消して、新しく書き直すってことで。
それは、忘れるっていうことでもあるわけで。
人は、忘れないと前へ進むことができなくて、生きてゆけなくて。


Webマガジン幻冬舎 高山なおみのふとんシネマ」より

料理家にしておくにはもったいないほどの文才!
文才っていうか、素直で飾らない彼女の素のコトバなんだろうなぁ。
あんなキュートなひとに私もなりたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。