|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『雨降りお月さん』 ◇作詞:野口雨情、作曲:中山晋平

雨降りお月さん
雲の蔭
お嫁にゆくときゃ
誰とゆく
ひとりで傘(からかさ)
さしてゆく
傘ないときゃ
誰とゆく
シャラ シャラ
   シャン シャン
鈴つけた
お馬にゆられて
濡れてゆく
私たち三姉妹は、小さい頃毎日毎日この曲を聴いて育った。
この歌は、父がお風呂でいつも歌っていた歌である。
何故かお風呂では決まって、この歌だった。
(あともう1曲のレパートリーは富士山でこの2曲しか父は歌ってくれなかった)

大人になってから荷物整理をした時に、3歳くらいの私が幼くあどけない声でこの曲を歌っているカセットテープが出てきて、私のあまりの音痴ぶりに家族全員大爆笑した思い出がある(笑
「鈴つけた」のとこがどうしても「しゅじゅ ちゅ~け~た~」としか歌えなくて苦労した(爆
意味もわからず歌っていた。
お月さんとお馬しゃんの歌だと思っていた。

いつしか、父とお風呂に入ることもなくなり・・
(といっても中学の最初くらいまで入ってたような、、、「あー!おまえ入っとったとや!もう服脱いでしもうたやっか!寒か!寒か!!開けろ!」とすっ裸で大事な所を両手で隠してやってくる父に、なんやかんや言って騙されてた(笑)
・・チェッカーズやらアイドルに夢中になっていった私は、この歌の存在すら忘れていた。


父が他界してからというものお風呂に入ると必ずと言っていいほどこの歌が脳裏にうかんでくる。
特に雨の夜は。
父は、この歌をどんな気持ちで私たち姉妹に歌っていたのだろう。
何も考えずに歌ってた、というのも有りうるけど(笑
雨に濡れながらひとり嫁ぐ娘。雲の遥か上から見守るお月さん。

30歳をすぎてもパラサイトのように実家に住みつき、嫁ぐ気配すらない長女・次女(私)に「まーだ、オトコできんとか!可哀相に!はよぅ嫁に行け!」と顔を見るたび言ってた父。
本当は花嫁姿を見たくなかったから先に逝ってしまったのかな?
バカ可愛がりしてた三女の花嫁姿も見ることなく逝ってしまった父。
妹の式の前に妹と話して笑った。
「結婚式でこの歌流したら間違いなく私たち3人だけ号泣するばいね」と(笑

飲み屋で私のことを
「まーだ結婚できんとばい。ウチの娘は。心根は優しいけど、ちょっと病気持っとって身体が丈夫じゃなかけんなぁ。」
と、こぼしていたらしいと人伝に聞いた時はわんわん涙が出た。
声を出して泣いた。

孫の顔、見せてあげられなくてごめんね。
お父さんの分もお母さんを大事にするからね。
こんな私でも拾ってくれる人のおったばい。安心してね。
感謝せんばね。(*^-^*)v

11月21日で父が亡くなって丸一年が経ちます。。





ちなみに上記リンク先にある「青い眼の人形」も祖母が教えてくれ、よく歌っていました。

この記事を書くにあたり、あまりにも泣けてくるので(笑)、これを読んで笑っては、また記事を書き、また笑い、と繰り返してました(笑
ビバ!ほぼ日!ビバ!ガキ!ありがとう!!(笑

こっちまで、涙が出ちゃたよ。よいお父さんだね。きっと上から、パピコさん達を見守って微笑んでるよ!

タイトルからして、何か重大発表かと思ったよ(汗)
最近、なんか涙が出やすい(歳かな?)

2006.11.15 19:18 URL | 千葉隆 #- [ 編集 ]

どーちゃん…

うちのちちは「月の砂漠」とゆーきのふるまちをー♪←題名が(?。?”)
只深が入院して一緒にねたときに♪~(^ε^)してました。今でも淋しい夜は何となく口ずさんじゃいます。おかんのほうが歌うまいしたくさん歌ってるのに、何故か父の歌ばかり。

不思議ですねぇ…

2006.11.16 02:19 URL | 只深 #- [ 編集 ]

(つД`)゚。・・・
うんうん。パピタンの幸せを天国から喜んでくれるよ・・・・・・!!!!!!

泣けちゃったじゃないかあ・・・・・
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!

2006.11.16 15:02 URL | hisaねこ #IVWpImkQ [ 編集 ]

■隆さんへ
こないだの一周忌の時、祖母が言ってました。
「○ちゃん(父)は、笑顔が良かったもんねぇ。ほんと、いい笑顔をする人やったね~」
と。周りも皆うんうんって言ってて。
怒った顔より(怒られたことは小さい時にしかないけど)笑った顔ばかり、何故か思い出しますね。。
きっと、見ててくれてますね^^

■只深ちゃんへ
雪の降る町をーは、うちの父さんもよく歌ってましたね~
何かとよく歌を歌うカラオケ大好きな父でした。
よくね、飲みに連れてってくれて、デュエットしたりしてました(笑
照れくさそうにいつも歌ってたなぁ。

■hisaねこさんへ
泣かないで~~~(笑
ほんと、一年早いです。
日々、悔いのないようにしたいものですね。

2006.11.16 16:49 URL | パピコ>隆さん、只深ちゃん、hisaねこさんへ #SIR.BgG2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1107-499c5622

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。