|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20061126151740
(清水の舞台から飛び降りる覚悟で)注文していた革の靴とバッグが両方共、昨日届いた。
もう嬉しくて嬉しくて、ちゃんと手入れして、一生ものにしようと、長く付き合って行こうと誓う。

早速、靴底のすべり止めを貼って貰う為修理屋さんに行ってきた。
「あの~靴底にすべり止め貼って欲しいんですけど」と言い、靴を取り出すと、寡黙そうで無駄口は叩かない職人!って顔してるおじさんの表情が、一瞬にして輝いたように見えた。
「あぁ、これはよか(イイ)靴ですもんね!久しぶりに触りましたよ。昔はもう少し安かったんですけどねぇ」と‘職人の血が騒ぐ!’というような顔で嬉しそうに靴を眺めていた。
そう言われてちょっと鼻が高いような、誇らしげな気分になった。(ハイ、単純です)

大事に長く履いて付き合って行こうと思う。

バッグの方は、ヌメ革なのでしばらく2~3週間日光浴させて革を育てなくてはいけない。どんな味のある色に育つかとっても楽しみ♪

お出かけが楽しみ~♪♪













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1132-04b0531d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。