|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20061130204644
いつも通ってる場所なのに、この角度で見るのは新鮮な気がした、ガード下。

昨日自転車で帰っているときの事。
このガード下の近くを通っていると、私の前を、耳慣れない東南アジア系の言葉で話しながら5、6人の男性が歩いていた。道幅は狭く避けて貰わないと通れない。
仕方なく、よろよろしながら歩くくらいの速度で彼らの後を着いて行ってると、その中のひとりが私に気付いた。
その瞬間彼らはサッと一列になって片側に列び、一斉に振り返った。そしてにこやかに笑った。
素晴らしく笑顔のその顔には「さぁ、どうぞ!通って下さい!」と書いてあるかのようだった。
「おおっ(゜▽゜)」びっくりした私は「ありがとう」とニッコリ出来るだけの笑顔でお礼を言い通して貰った。

たったそれだけの事だけどとても爽やかな気持ちになった。心優しき青年たちよ、ありがとう!
私もその優しさをバトンタッチするからね!(^_-)-☆

ちょっぴりドキドキのあとの
その嬉しい彼らの行動には
なんかほんわかするよねー

そして笑顔でお返しする
パピちゃんも やっぱりすてきだなぁ
ほんわかさせてもらいました(*^-^)

2006.12.04 04:11 URL | aiai #kpjYxc8I [ 編集 ]

自転車で毎日通勤してると何もないようでいていろいろ「小さな出来事」がありますね^^
今日はカラスがいっぱいいたー!とか空がきれいだったとか、月がきれいだったとか、暗くなるのが早くなったとか。

信号渡る時、譲ってくれた方に対して、私は必ず相手にわかるように頭を下げるようにしています。
そうした方が自分も気持ちよく信号を渡れるから。

道を人で塞がれていて「抜かしたいなー いかせてくれないかなー」と思っても私はベルは鳴らしません。
振り向いて、’自転車が後ろにいる’ことを確認しても譲らず真ん中を歩く人もいますしねー。

異国でそうやって親切にできるってすごいなぁと思いました^^

2006.12.05 13:15 URL | パピコ>aiaiねぇさんへ #SIR.BgG2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1142-edffa805

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。