|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20080305161258
亡き父の本棚からくすねてきたカバーも無く埃被った一冊の古い本。

「女の子の躾け方-やさしい子どもに育てる本(浜尾実著)」

初版は昭和47年とある。
著者の浜尾氏といえば東宮御所に仕え宮様の教育係を務めた方。
この本の存在は知っていたけど開いて見たのは初めて。きっと姉が産まれた時に父が購入したものだろう。
父はどんな気持ちで読んでいたのかな。
しばし父の足跡を辿りつつ、姫路へと帰ることにします。

で、今はまだ佐賀デス(´Д`)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1831-11d7b7c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。