|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先月、長崎に帰ったときに叔母から手作りの『廃油石鹸』を分けて貰って持って帰ってきました。
洗剤

↑これなんですが。
見た目ははちみつみたいにトロリとして柔らかいです。

これがものすごく汚れ落ちがイイんです(・∀・)
お弁当箱の油汚れもキュキュッと落ちるし泡切れがいいんです。
そしてなんと言っても手荒れ・肌荒れしない
93歳の祖母の手もつるつるピカピカで祖母曰く「手も全然荒れんし、これが一番よかとよ!」とのこと。
しばらく使っていますが、とても気に入っています。
去年は秋~冬と手荒れがひどく辛い思いをしていましたが今年はそんなことにならないゾ!

さて、この廃油石鹸の材料は
・廃油 2.7L(叔母はお惣菜屋さんから古い揚げ油を貰っているそうです)
・ごはん お茶碗1杯分
・フレーク・ソーダ 450グラム
・お湯 たくさん

これを何日かかけて一斗缶で魔女のようにぐるぐるとかき混ぜるんですね~。
一度作ると一般家庭だと一年分くらいは軽くあるんじゃないかしら?と叔母は言ってました。

作り方も教えてもらったので無くなったら自分で作ってみようかな。
もし、作り方を知りたい!という方がいらしゃればサイドバー右のひよこのタグからパピコ宛にメール下さいまし。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1918-58deda8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。