|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、とある説明会があり行ってきました。
最初は「小さい子供がいるので今回は遠慮します。。」とお断りしていたのですが、そんなに畏まった説明会でもないし隣に和室もあって途中で退室されても構いませんからぜひにとお願いされ・・。

グズるかなぁ・・と心配していましたが案外大人しくしていてくれて説明会は一時間ほどで終了。
その後、併設されている美術館の入場券をいただいてせっかくなので見学してきました。
Dはそういうの興味なさそうだしせっかくのチャンスだったので。
美術館は誰もおらず私とコパピだけだったのでゆっくりと見物することができました。
全て個人の所蔵と思えぬほど素晴らしい絵画や工芸品の数々・・。
中でも初めて生で見た山下清画伯の切り絵は素晴らしかった!!
まぁなんとも芸の細かい・・ そして記憶でそれを描いてるなんてやっぱりすごいです。
絵画では平山郁夫や横山大観など耳にしたことのあるお名前も。。
茶道具では北大路魯山人の茶碗やら水差し、香合、花入れ、楽茶碗、銘は忘れたけど菊の紋様の入ったお茶勺が素晴らしかったです。
長崎の福江出身だという隠崎隆一さんの陶芸作品も独創的で堂々としていて良かったです。

美術館なんてなかなか行く機会ないですがたまにはいいですね(*´∇`*)
久々にお抹茶が飲みたくなりました。。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/1953-f8c391d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。