|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
一昨日の火曜日、育児サークルのバス遠足(遠足というか施設見学会?)にコパピと二人で参加してきました――ヽ(・∀・)ノ――♪
早めに家を出たものの工事渋滞があったり、待ち合わせの場所がわからず彷徨っていたら数分遅刻してしまいました(´;ェ;`)
社会人として失格だ( ´Д⊂
ご迷惑をかけたにも関わらず皆さん怒らず待っていてくれてとても有難かったです。゚(●'ω'o)゚。うるうる
basu

コパピ初めてのバス乗車にドキドキ!?
最初に訪れたのは姫路市西部リサイクルセンターという施設。
ここでは姫路市内から集められた牛乳パック・ペットボトルなどを分別してベール姿に圧縮する施設です。
職員の方が説明してくれました。
risaikuru1


集まったゴミの中には時には危険なものも混じっているそうです。
実際見せて貰ったのは包丁・チェーンソーの刃なんてのもありました。
ちゃんと分別しなきゃいけませんね~。
risaikuru3


ベルトコンベアーから流れてきたペットボトルを選別しているところです。
risaikuru2

こうやって圧縮されて出てきます。この塊でペットボトル約300本分だとか。
この施設ではこれで終わりです。また別のリサイクル施設に運ばれて衣服の繊維になったりだとかワイシャツ・カーペット・ノート・トイレットペーパーに加工されていきます。

次に行ったのは「伊勢自然の里」というビオトープなどを利用した自然学習施設。
isenosato


ここでも職員さんの説明を聞いてから。
ここでは機械を一切使わず昔ながらの農法で稲作をしていたり、メダカやドジョウ、タガメやゲンゴロウなど、既に見ることが少なくなった生き物が生息できる環境を守り育てていくため「田んぼビオトープ」などを通して様々な世代が楽しみながら環境の保全について学べます。
たくさんの虫や生き物がいますがここでは蚊はほとんどいないのだとか。
職員のおじさんは何年もここにいて一度しか蚊にさされたことがないんだそうです。
蚊を食べる生き物がたくさんいるからってのがその理由。すごいですよね~
定期的に自然観察会や工作教室なんかもやっていて無料で利用できるそうですよ^^
お土産に紙コップとつまようじでできた竹とんぼを頂きました(^-^)
setumei

説明の後はお待ちかねのじゃぶじゃぶ池。
網とバケツを持って池に入り、生き物を捕まえます。
小学生は大はしゃぎ(笑
コパピはまだ入ることができないので見学していました(汗
jabujabuike

こーんな水路にもタガメ(初めて見ました)や足の生えているおたまじゃくしやカエル、たにしやアメンボやいろんな生き物がいました。
一時間ほど虫捕りをしてどんな生き物を捕まえたか報告会をしていました。
jabujabuike2

暇だったのでコパピはつながれていたヤギさんと遊んでいました(笑
小屋に「うめこ」って名前が書いてあったのですっかり女の子と思っていたらこの子はうめこの息子さんだそうで男の子で「うめお」君という名前でした^^;
umeo1

メェェェェ~~~~~
umeo3

かわいかったわ(*´ェ`*)ポッ
umeo2

その後お弁当を食べ、ゆたりんという温泉施設へ。
ここでは足湯を楽しみました。
お風呂は600円で利用できるそうなのでまた今度行きたいな。
新鮮野菜のコーナーもありましたよ。
その後は星の子館という児童施設へ移動。
ここは宿泊もできて(要予約)星の観察ができる天文台や図書室、トレーニングルームなどがあります。出発まで自由時間ということでしたがコパピ、お昼寝タイムに入ってしまったので遊戯室で横になっていました。
hosinoko1

これだけ騒がしい中で熟睡できるなんて大物!?(笑
きっとパパ似だわw
hosinoko2

ここもまた改めて遊びに来たい場所のひとつ。
近くの児童館(こどもの館)や桜山公園にも今度行ってみたい!
楽しい一日でした(・∀・)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/2141-474d2275

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。