FC2ブログ

|||月の涙|||

本当の供養とは、故人を思い出す時に明るい感謝の気持ちで思い出すこと。それが故人の居る魂の世界に届きます。悲しい気持ちで思い出すと、その気を受けた故人はおいおい、大丈夫か? と、心配する事になります。笑顔と感謝のキモチを忘れずに☆

20050812150739.jpg
夕凪の町桜の国/こうの史代(著)
最初パッと手にとった時、ほのぼのしたマンガかな?と思ったけど読み終えて否、読んでいる途中で、ものすごい衝撃を受けた。
たった35ページの短いストーリー。
その中にこれまで感じことのないような得も知れぬ感情がうごめいた。
これはただのマンガではない。すでに栄誉ある賞を数々受賞しているし映画化も決定しているようだ。

【ストーリー】昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

半そでのワンピース、誰かを好きになること、長生きすること‥‥。
若い女性なら当たり前のささやかな願い。
「原爆」は、そんな庶民のささやかな営みを、シャボン玉でも割るようにあっさりと砕いてしまう。

ささやかだからこそ、ものすごく悲しい「夕凪の街」。

悲しいけど、優しい。つらいけど、暖かい気持になれる物語。

著者のあとがきの中で、こんなことが書かれていました。
広島や長崎以外の人は原爆のことについて知らなすぎるということを東京に来て感じた。しかし広島で生まれ育った自分でさえも、原爆資料館に行くと吐き気やめまいに襲われてそれらを直視することがずっとできなかった。その自分への自戒の気持ちも込めた作品になりました。---と。

日本を、この国を、愛するすべての人々に手にとってほしい作品です。

この前テレビでやってました。
生かされた主人公の葛藤のストーリーだったかな?
私も読んでみようと思ってるんですよ!

2005.08.12 15:44 URL | なぎ #SHVyhP0g [ 編集 ]

あぁ、よかった(笑
なぎねぇが見つけてくれて。この登場人物の中で重要な人物は「凪」って字が入った名前なんですよー。おまけに広島やし読みながらなぎねぇのことを思い出してました。
なぎねぇならきっと心動かしてくれる本だと思うのでぜひ読んでみて下さい!
薄っぺらいのに840円かぁって買うとき思ったけど(笑)この内容だったら文句なし!!

2005.08.12 15:58 URL | パピコ>なぎねぇへ #SIR.BgG2 [ 編集 ]

ここ読んで、帰りに早速買ってきました。

そう、フツーに生活していた人たちの
何かを、全てを失わせた“もの”。
それを抱えたままフツーの生活が続いていく人たち。
そして、“この日”以外は語られない平和な日本。
凄く、感じ入ってしまいましたね。


2005.08.12 22:31 URL | Curtis #- [ 編集 ]

おぉ!さっそく!!
そうなんですよね~。同じ、この場所で起きたことなのに忘れよう忘れようとする人々もいれば、ずっと苦しんでいる人もいる。終わらない戦争と闘っている人もいる。この本は、これまでの原爆モノにはなかった感じです。

2005.08.13 10:27 URL | パピコ>Curtisさんへ #SIR.BgG2 [ 編集 ]

パピコさん、今日はありがとう~。
いい本紹介してもらったよ。しみじみ。。。

2005.08.13 23:28 URL | shindouxxx #- [ 編集 ]

隊長~~~!探して買って下さったんですね~(;-;)トラバもサンクスです!
いい本ですよね~。
ホント今の生活は多くの犠牲の上に成り立ってるって忘れないでいたいです。

2005.08.14 00:03 URL | パピコ>Shindouxxxさんへ~ #- [ 編集 ]

あとで、本屋さんへ行ってきます~。
絵とは裏腹になんだか、切なそうですね。

戦争はみんなで防ごうね~。

2005.08.14 16:44 URL | YOKO #- [ 編集 ]

おお!YOKOさんも本屋に走ってくださるなんっ☆
紹介してみてよかったです!
戦争は、もういらないです~~~!
明日は終戦記念日ですね・・・

2005.08.14 22:56 URL | パピコ>YOKOさん #SIR.BgG2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukinonamida.blog16.fc2.com/tb.php/59-95a29c98

すきな本(16) 静かに平和を こうの史代『夕凪の街 桜の国』
もう8月も半ば。毎年、この時期、戦争と平和を考える。こうの史代 『夕凪の街 桜の国』が、話題(双葉社)だ。平成16年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞している。作品は、昭和30年、昭和の終わり頃、平成16年の広島を舞台としている。3篇収められ地エル。昭和

2005.08.12 19:16 | 「すきなもの日記」~子ども支援のために~

夕凪の街桜の国/こうの史代
本: 夕凪の街桜の国幸せあるある探検隊・福・隊長のパピコさんのおすすめ!今日読みたくて、夜書店2軒TELして、車を走らせる。日本の今は平和だと思う。。。たくさんの人に迷惑かけて生きているけど、長崎や広島の分も、今を生き、自分を楽しまねばと思う。。。

2005.08.13 23:24 | ◎アンラッキーもラッキーさ(スーパーバンタム)